卵殻膜美容液「チェルラー ブリリオ」は卵アレルギーでも使用できるの!?

ブリリオ 卵アレルギー

 

今回ご紹介しておりますのは、話題の美容成分「卵殻膜エキス」をなんと95%も配合したアルマード社の「チェルラー ブリリオ」なんですの♪

 

アルマード社と聞きましても、聞きましてもあまりピンとこないかもしれませんわね?

 

でも実はアルマード社は、あの東京大学と共同でこの卵殻膜を研究した、まさに「卵殻膜エキス」の生みの親ともいえる会社なんですのよ♪

 

卵殻膜エキス 開発

 

つまりこの「チェルラー ブリリオ」が卵殻膜美容液の本家本元ということができるんですの♪

 

ですから「チェルラー ブリリオ」は他の卵殻膜美容液よりもその美容効果が高いと言われているんですのね♪

 

卵殻膜エキス 効果

 

そんなに高い効果の「チェルラー ブリリオ」ですが「卵殻膜エキス」を使用しているということは、ちょっと心配になることがありますわね?

 

それは、

 

「卵殻膜エキスを使用しているチェルラー ブリリオは『卵アレルギー』でも使用することができるの?」

 

と言ことですわね。

 

そこで今回は、この「卵殻膜エキス」を使用しているチェルラー ブリリオは卵アレルギーでも使用することができるのか、ご紹介しますわね♪

 

チェルラー ブリリオは卵アレルギーでも使用できるの?

 

卵殻膜とは

 

そもそも卵殻膜エキスの「卵殻膜」とはいったい何なのでしょうか?

 

例えばゆで卵を作って殻をむくとき、または卵が上手く割れなかったときに、殻の内側に薄くて白い膜のようなものを見たことがありますわよね?

 

あの白い膜のようなものが卵殻膜なんですの♪

 

卵殻膜は厚さが0.07mmしかない丈夫で薄い膜なんですの。

 

古くは傷口に絆創膏のように貼って治療に使っていたというくらいお肌の修復機能が認められていたんですって♪

 

でも、つまり「卵殻膜エキス」はもろに卵の一部ですから、やはり卵アレルギーの方は使用できないように思えますわよね?

 

ところがなんと、卵殻膜エキスは卵アレルギーの方でも使用できると考えられる、と言えるんですのよ♪

 

どうしてかと言いますと、実は卵アレルギーの原因は、白身に含まれる「オボアルブミン」と「オボムコイド」が作用していると考えられているからなんですの。

 

そして卵殻膜の成分にはこの「オボアルブミン」と「オボムコイド」は含まれていないんですの。

 

ですから卵アレルギーの方であっても、「チェルラー ブリリオ」は使用できると考えられますのよ♪

 

ただし、ひとえに卵アレルギーといいましても、そのアレルゲンにはどうしても個人差がありまして、「オボアルブミン」と「オボムコイド」以外の成分にアレルギーを持つ方もいるそうなんですの。

 

ですから卵アレルギーの方がチェルラー ブリリオを使用する際は必ずかかりつけの医師に相談してくださいね♪

 

そしてできればパッチテストなどアレルギー反応が現れないかのチェックを必ず行ってくださいね♪

 

 

≫≫「チェルラー ブリリオ」の評価はこちら!その効果と@コスメから良い口コミも悪い口コミもすべてご紹介♪