冷え性

 

ズバリ!あなたは「冷え性」に悩んではいませんか?

 

実は20歳以降の女性のうち、なんと7割以上の女性が冷え性で悩んでいる、といわれているんですの!

 

しかもこの「冷え性」、我慢していると美容にも健康にも悪影響なことばかりなんですのよ。

 

ですから美しく若々しい容姿端麗を目指すなら、いかに「冷え性」をケアするかも重要になってくるんですの♪

 

そこで今回は、「冷え性」による美容と体への影響、そして冷え性を改善するための6つの方法をご紹介しますわね♪

 

冷え性になるとどんなことが起こる?

 

体への悪影響

 

先ほども申しましたが、冷え性を放っておきますと、美容だけでなく体にも悪く、病気になりやすくなってしまうんですの。

 

美容への悪影響

 

冷え性になると、当然お肌は血行不良になってしまいますの。

 

血行不良になりますと、顔色が悪くなる、くらいのことではなく、お肌に必要な水分や栄養も滞ってしまうんですの。

 

ですから冷え性を放っておきますと、

 

・水分不足により髪やお肌が乾燥してパサパサになってしまう。

 

・お肌が栄養不足になり、肌荒れを起こしてしまう。

 

・爪が割れやすくなってしまう。

 

・下半身や手などが浮腫んでしまう。

 

・血行不良により「クマ」や「くすみ」が出てしまう。

 

などなど、たくさんの悪影響が出てしまうんですの。

 

しかも美容だけではありませんわ。

 

体温が下がると、様々な病気に対するリスクがとても高くなってしまいますの。

 

体への悪影響

 

例えばあなたの通常の体温が36.5℃だといたしまして、そこから体温が1℃下がるだけで、病気へのリスクがとても高くなってしまうんですのよ。

 

35.5℃・・・・「排泄機能低下」「自律神経失調症状が出現」「アレルギー症状が出現」

35.0℃・・・・がん細胞が最も増殖する温度

 

足腰が冷えると、内部性器が充血して月経異常、子宮内膜症、子宮付属器炎、おりもの、などの原因となることがあるんですの。

 

しかもそれがひどくなりますと、「卵巣機能不全」や、「子宮発育不全」「不妊症」へのリスクもとても高くなってしまいます。

 

そのほか冷え症があると、各種の神経痛、関節リウマチ、腎炎、腎盂炎、ネフローゼ、膀胱炎、腹痛、腰痛などの原因になるともいわれていますの。

 

さらに免疫力まで低下させますので、様々な健康のリスクにさらされてしまうことになるんですの。

 

あなたの冷え性の原因はコレ!

 

冷え性

 

ひと口に「冷え性」といいましてもいくつかのタイプに分かれるんですのよ。

 

ですからあなたの冷え性に対して間違った対策をしてしまいましても、あまり効果を実感できない、なんてことにもなってしまいますの。

 

ですからあなたの冷え性のタイプを知り、それに合わせてしっかりケアすることが大切ですわね♪

 

そこで次の表で「あなたの冷え性のタイプ」をチェックし、そのケア方法を確認してみてくださいね♪

 

症状□手先・足先が冷たい

□爪が折れやすい

□肉や魚をあまり食べない

□運動不足

□ダイエット中

□水虫がある

□しもやけ・あかぎれができやすい

□手先・足先が冷たい

□顔がほてる

□イライラしやすい

□睡眠不足

□生活が不規則になりやすい

□掌が白っぽい

□胃腸が弱い

□肩こりがひどい

□貧血気味

□体温が常に36℃以下

□夏場でも汗をかきにくい

□朝起きるのがつらい

冷えのタイプ末端冷え性ほてり冷え性全身冷え性

 

いかがですこと?あなたはどの冷え性のタイプかお分かりになりましたか?

 

それではそれぞれのタイプにい合わせて冷えのケア方法をご紹介いたしますわね♪

 

タイプ別♪「冷え性」のケア方法をご紹介します♪

 

冷え性ケア

 

末端冷え性のケア方法♪

 

末端冷え性の主な原因は、

 

・筋肉量不足による血行不良

・体内の血液循環が悪い

・ストレス

 

などと言われておりますの。

 

そんな末端冷え性のケアの方法としましては、

〇ストレッチ

〇有酸素運動

〇足湯

 

これらが効果的だといわれておりますわね♪

 

末端冷え性は、毛細血管が収縮しやすく、そのせいで冷えやコリを起こしていると考えらえますの。

 

ですから、運動によって全身の血行を促進し、毛細血管の巡りを改選することが必要ですわね♪

 

ほてり冷え性のケア方法♪

 

「ほてり冷え性」は末端冷え性が進行したタイプの冷え性だといわれておりますの。

 

そんな「ほてり冷え性」の主な原因は、

 

・ストレス

・生活習慣の乱れ

・睡眠不足

 

などと言われておりますの。

 

そんなほてり冷え性のケアの方法としましては、

〇ぬるめのお風呂でリラックス

〇有酸素運動

〇生活習慣の改善

 

これらが効果的だといわれておりますわね♪

 

ほてり冷え性の大きな原因は「自律神経の乱れ」だといわれているんですの。

 

ですから睡眠不足にならないように気を付けたり、ストレスをできるだけ取り除くように意識することが重要ですわね♪

 

全身冷え性のケア方法♪

 

「全身冷え性」は、常に低体温で1年中寒さを感じるタイプの冷え性のことなんですの。

 

そんな「全身冷え性」の主な原因は、

 

・運動不足

・貧血

・タンパク質不足

 

などと言われておりますの。

 

そんな全身冷え性のケアの方法としましては、

〇お肉や魚などの動物性たんぱく質が少ないなら増やす

〇有酸素運動

〇シャワーだけでなくしっかりと入浴をする

 

これらが効果的だといわれておりますわね♪

 

全身冷え性の大きな原因は「運動と筋力の不足」だといわれているんですの。

 

ですから鉄分やたんぱく質を摂取して貧血を改善し、運動により全身の血行を促進することが必要ですわね♪

 

 

いかがですこと?あなたに合った冷え性改善方法は見つかりましたでしょうか?

 

それでは次に、すべての冷え性の症状に効果的なケア方法をご紹介いたしますわね♪

 

全ての「冷え性」に効果的なケア方法はコチラ♪

 

冷え性解決方法

 

上記でタイプ別の冷え性の改善方法をご紹介いたしましたが、さらにすべてのタイプで効果的な改善方法をご紹介いたしますわね♪

 

バランスの良い食事を心がける

 

バランスの良い食着

 

よく「体を温めるにはショウガや唐辛子を食べると良い」ということを耳にしますわよね?

 

もちろんショウガやカプサイシンには体を温め、血管を拡張する効果がありますので、摂取することは大切ですわ。

 

ただし、その効果は一時的なものなんですの。

 

ですから「冷え性の改善」という意味では、熱(カロリー)を生み出すたんぱく質や炭水化物を摂ることが重要なんですの。

 

普段から野菜が多い食事や炭水化物が多い食事をとることが多いなら、魚やお肉を増やすと体の熱量を増やすことができますわね♪

 

有酸素運動を取り入れる

 

有酸素運動

 

冷え性になる女性に共通して言えますことが、

 

・筋肉量が少なく、体の熱をたくさん作ることができない

・血流がよくないため熱をうまく運べない

 

これらが大きな原因だといわれているんですの。

 

ですから血のめぐりをよくするために、背中・お腹・お尻・太股などの大きな筋肉を鍛える、血管のポンプ機能を強くすると効果的なんですの♪

 

また、第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」の筋肉を鍛えると、下半身の血流を改善でき、むくみの解消にもつながるんですのよ♪

 

さらに運動を続けることによって、体の代謝が向上し、自立神経バランスが整えられ、血流の改善に役立ちますわ♪

 

ですから1日に30分でもいいので、大股でウォーキングなどを行いますと、筋力も強くなり、血流も改善されますので、冷え性のケアにとっても効果的ですわね♪

 

リンパマッサージをする♪

 

リンパマッサージ

 

体に張り巡らされたリンパ管には、血を浄化するフィルターのような役割のリンパ節が800ほどあって、血をきれいにしてくれるんですの♪

 

しかし、動脈にはポンプ作用を持つ部分もあるんですけれど、静脈やリンパには実はポンプ作用がありませんの。

 

そしてそのリンパが滞ると、老廃物や余計な水分がたまり、「むくみ」や「冷え」、「コリ」の原因になってしまうことがあるんですのよ。

 

そこで上の図のように、リンパに向かって血を流してあげるようにマッサージをしてあげますと、冷え性やむくみの改善に効果的なんですの♪

 

それでもつらいなら漢方やサプリを使うのもオススメ♪

 

漢方

 

人の体にもともと備わっている自然治癒力を活かして体のバランスを整えてくれる漢方薬は、冷え性改善にもとっても効果的なんですの♪

 

冷え性に良いとされる漢方薬には、

 

葛根湯(かっこんとう)
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
加味逍遙散(かみしょうようさん)
温経湯(うんけいとう)

 

というものがありますわね♪

 

それに最近では「冷え性」や「むくみ」などの女性の「めぐり」に着目したサプリメントもありますので、上手に取り入れると、冷え性改善のサポートにもなりますわね♪

 

ちなみにこのブログのスタッフの一人である「のりちゃん」は、ものすごい冷え性なんですの。

 

そこで「やくぜん」というサプリメントを紹介してもらって1ヵ月ほど試してみたんですの。

 

すると冷え性が半減し、「むくみ」で足や腕が痛くなったりすることも少なくなったみたいですわ。

 

「かなり冷え性がひどい」「運動をしてもお風呂に入っても体が冷えている」というように、のりちゃんと同じような症状ならサプリメントを試してみるのもよろしいですわね♪

 

やくぜん

 

≫≫「やくぜん」の効果と成分の詳細はこちら♪

 

≫≫「やくぜん」の口コミはこちら♪

 

冷え性外来を受診する

 

「運動をしても、マッサージをしても、食事を改善しても、サプリや漢方を試しても、どうしても冷え性が改善されない!」

 

そんなあなたは「冷え性外来」を受診することも視野に入れておくとよろしいかもしれませんわね。

 

病院の冷え性外来では薬の処方だけでなく、日常生活でのアドバイスなども受けることもできるんですのよ♪

 

冷えが「コリ」や「体調不良」を起こすほどひどい場合には、専門医のアドバイスを受け、根本から改善することも大切ですわ♪

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

あなたの冷えのタイプとその改善方法は見つかりましたでしょうか?

 

冷え性は「未病」という、病気の予備症状と言っても過言ではありませんわ。

 

さらに、冷えには貧血、糖尿病などの意外な病気が隠されているサインであったり、不妊や深刻な病気の原因にもなったりしますの。

 

ですから、体のためにも、美容のためにも、冷え性は放っておかずに、しっかりとケアしてくださいね♪

 

この記事があなたの健康に役立てばとてもうれしく思います♪