産毛 除毛

 

ワキのの濃いムダ毛なら除毛クリームでスッキリやるしかない。

 

Vゾーンをはみ出ないようにするなら、カミソリも仕方ないかも。

 

でも鼻の下おでこ背中乳首の周り太もも産毛までカミソリや脱毛クリームで除毛したくない!

 

特に肌が弱いあなたならそう思ってしまいますわよね?

 

こんにちは、OKM美容ライターのしぃたんです♪

そこで今回は、そんな肌弱なあなたのために、産毛をできるだけ肌を傷めずに除毛する方法をご紹介しますわね♪

 

カミソリや脱毛クリームを使うデメリットとは

 

産毛 カミソリ クリーム

 

肌が強くても、できるだけカミソリや除毛クリームのような肌に負担の強いものを頻繁に使うのはためらってしまいます。

 

しかもそれが産毛となれば、「他になにか肌ダメージの少ない方法が無いものか」って思ってしまいますわよね??

 

さらに敏感肌だったり、カミソリなんかに負けやすい肌質ならなおさらですわ♪

 

実はカミソリや除毛クリームには、あなたが思っている以上にお肌へのダメージが大きいんですの。

 

カミソリが与える肌ダメージとは?

 

1、肌に直接歯をあてるので、肌が傷つきやすい

 

2、剃った毛が表面に太く残るので黒いポツポツが目立つ

 

3、毛が引っかかってしまうと毛穴を傷め、赤みやニキビの原因になる

 

よく「カミソリではなくシェーバーなら大丈夫ですか?」という質問を受けますが、シェーバーであっても1、と2、は同じように起こってしまいますわ。

 

シェーバーの方が刃と皮膚の距離が遠い分、余計に黒いポツポツは目立ってしまいますわね。

 

それにシェーバーの性質上、毛を巻き込んだりひっぱたりしやすいので、実は毛穴のトラブルが多いのはシェーバーの方なんですのよ。

 

 

除毛クリームが与える肌ダメージとは?

 

1、毛と一緒に肌表面のたんぱく質も溶かしてしまう

 

2、肌が弱いとアレルギー反応を起こしてしまうことがある

 

3、毛穴に入って赤みやニキビの原因になることがある

 

 

確かに脱毛クリームは短時間で簡単に除毛することができるので、しぃたんもたまに使うことがありますわね。

 

でも使ったことがある方ならわかると思いますが、除毛クリームって肌がピリピリと痛みますわよね?

 

あれは毛を溶かす成分チオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が肌に強い刺激を与えてしまうからなんですの。

 

肌が弱い人だとやけどのような赤みが出たり、ただれたりすることもあるんですの。

 

 

脱毛クリームはほぼ顔用には作られていない

 

 

そして除毛クリームのほとんどに共通していることは、「顔用には作られていない」ということなんですの。

 

むしろ「ボディ用ですので顔には使用しないでください」という注意書きがあるのが当たり前なんですの。

 

当然それだけ強い成分で作られているクリームですから、皮膚が弱い部分には絶対に使用しないほうがいいでしょう。

 

特に顔に使用して、赤みやただれが出たら取り返しがつかないことになってしまいますわ。

 

そして肌が弱いなら、Vゾーンや乳首の周り、うなじなんかへの使用も控えた方がよろしいですわ。

 

 

産毛の除毛には抑毛ローション(石鹸)がイチバン♪

 

 

そこでしぃたんがオススメする「産毛の除毛方法」としましては、抑毛効果のあるローションやボディソープで産毛を目立たなくすることなんですの♪

 

「抑毛」ってまだまだ考え方が浸透していないので「本当に効果があるの?」と思ってしまいますわよね?

 

ところがこのサイトのレビュー担当のサトミに「コントロールジェルME」という抑毛ローションを3ヵ月間使ってみてもらったんですの。

 

するとなんと、約2㎝の産毛(というか毛?)が1ミリくらいまで薄くなったんですのよ♪

 

「女子にしては濃いわね~」ってとこから、「至近距離で見ても、ぜんぜんわからないじゃな~い♪」くらいまで薄くなりましたの♪

 

しぃたんも予想外の結果にホントびっくりしてしまいましたわ♪

 

しかも毛が細く小さくなるので、それに合わせて毛穴も目立たなくなるから一石二鳥ですわよ♪

 

 

抑毛ローション(石鹸)のデメリット

 

抑毛ローション(石鹸)は、

 

肌に負担がとっても少ない

 

毛穴が目立ちにくくなる

 

小学生でも使えるくらい成分の優しいものが多い

 

とメリットだらけなんですけれど、もちろんデメリットもありますわ。

 

それが、

 

1、毛が目立たなくなるまでに多少時間がかかってしまう

 

2、使用をやめるとまた毛の濃さが戻ってしまう

 

ということなんですの。

 

 

でも1、「毛が目立たなくなるまでに多少時間がかかってしまう」というのは、毛が濃い場合の話でして、産毛ならもっと早く変化を実感できますわよ♪

 

ですから、濃い部分の除毛にはしぃたんもどちらかと言いますと「光脱毛」をお勧めしますが、産毛にはゼッタイ「抑毛」ですわよ♪

 

そして実はカミソリで剃ったアフターケアとして抑毛ローションでケアすると、さらに早く効果を実感できるというデータもあるんですの♪

 

 

そして2、の「使用をやめるとまた毛の濃さが戻ってしまう」に関してですが、しぃたんは毛が濃いのは乾燥肌と同じと思うべきだと考えますわ。

 

つまり乾燥肌の人は、毎日しっかりとお肌を保湿する必要がありますわよね?

 

それと同じように、毛が濃い部分を、毎日ローションでケアするのは当然といえば当然のことですわよね♪

 

即効性を求めれば、強い成分で肌トラブルが起こるものなんですの。

 

「肌を美しく保ちながらうっとうしいムダ毛処理を、毎日のスキンケアでできる」と思えば特に苦労ではないはずですわよ♪

 

 

人気の高い抑毛ローションをご紹介♪

 

 

実は抑毛ローションってとっても人気が高いアイテムですので、たくさんの商品が発売されているんですの。

 

しぃたんが知っているだけでも、8商品はありますのよ♪

 

でもできれば長く愛されているベストセラーの抑毛ローションを知りたいと思いますわよね?

 

そこで実際に使用した方の評価が高く、もう何年も愛されながら進化している抑毛ローションを2つご紹介しますわね♪

 

なぜ2つご紹介するか、ということについては後ほどご説明します♪

 

まず1つ目が、先ほどレビュー担当のサトミが使用した、と書きました「コントロールジェルME」です♪

 

コントロールジェルME


抑毛ローションとしてムダ毛を目立たなくさせる成分には、「イソフラボン」と「パイナップル成分」の2つがありますの♪こちらの「コントロールジェルME」は「イソフラボン」に加え、ザクロエキスやカミツレエキスなどを配合し、みずみずしい肌をサポートしてくれるんですのよ♪詳しくはこちら♪毎日のムダ毛処理でヒリヒリお肌のあなたに
↓↓↓
お肌ダメージゼロ ムダ毛対策ジェル

 

そして2つ目にご紹介するのが、「パイナップル豆乳ローション」なんですの♪

 

パイナップル豆乳ローション




先ほど抑毛ローションとしてムダ毛を目立たなくさせる成分には、「イソフラボン」と「パイナップル成分」の2つと申しましたが、こちらのパイナップル豆乳ローションはパイナップル成分を抑毛成分として使用しておりますのよ♪
こちらの「パイナップル豆乳ローション」はイソフラボンに加え、「パイナップル成分」も配合♪
そしてこちらもパパイン酵素やザクロエキスやを配合し、ハリのあるスベスベ肌をサポートしてくれるんですの♪詳しくはこちら♪≫≫肌にやさしい!パイナップル豆乳ローション

 

 

コントロールジェルMEとパイナップル豆乳ローション、何が違うの?

 

コントロールジェルMEとパイナップル豆乳ローション、どちらも、

 

・成分がとても優れている

・口コミ評価がとても高い

・どちらもロングセラーで実績がある

 

ので、どちらもとっても魅力的な抑毛ローションなんですの。

 

でもただ1つ、お値段が全く違うんですの。

 

(価格は税込み価格)

商品コントロールジェルパイナップル豆乳ローション
コントロールジェルMEパイナップル豆乳ローション
内容量150ml100ml
通常価格6,980円2,700円
コース初回価格5,300円1,350円
コース2回目以降6,980円2,619円
返金保証60日間30日間
送料650円無料

 

お値段的に見ますと、内容量の違いはありますが、パイナップル豆乳ローションの方がお安く続けることができますわね♪

 

しぃたんは実際に試しておりますし、抑毛ローションの元祖といえば「コントロールジェルME」ですのでこちらをオススメしたくもあるんですの。

 

でも、「まず抑毛ローションを試してみたい」というのであれば、やはり送料もかからない「パイナップル豆乳ローション」がオススメですわね♪

 

 

いかがでしたか?

 

抑毛ローションの効果を実感できるまでには、個人差はありますが大体3ヵ月くらいは継続することをオススメします。

 

でも産毛でしたら、最初の1ヵ月でも何らかの変化は実感できると思いますので、まずは自分に合うかどうかを試してみてくださいね♪

 

先ほどもお話ししましたが、抑毛は時間がかかりますので、早めに始めるに越したことはありませんわよ♪

 

それぞれの公式サイトをご紹介しておきますので、そちらものぞいてみてくださいね♪

 

⇩コントロールジェルMEの公式サイトはコチラ♪⇩

 

⇩パイナップル豆乳ローションの公式サイトはコチラ♪⇩